自分の事将来を漠然と考えていた時、ふと「政府が70歳まで勤務延長を義務付ける」とした記事を見てしまいました。70歳まで働く、とういう現実が目の前に掲げられていることに、少なからず驚きました。

はたとかんがえましたが、実際自分の周りを見回した時、元気に働いている70歳のひとがどのくらいいるのでしょう。実際、70代で働いている人はいることはいます。が、あくまでごく少数であって、元気な健康的な感じはします。

それも長期に勤めている人で、今までしてきた業務になれているひと、ということが大前提です。確かに、年金も充実していて、生活にも余裕があって、仕事もしていないから時間も十分あるというひとならば、働かなくてもよいのでしょう。

本当に70歳まで働いてその後年金で生活できるのか

でも大半の人は実際どうでしょう。そんなに生活に余裕があるくらいの年金や蓄えがあるのでしょうか。別に社会派を気取るつもりはないですが、身近な高齢な親族などを見ていると、正直不安に駆られるというのはあります。わずかな年金ですが何とか生活しています。

でも決して充実した年金をもらっているとはいいがたいし、実際私たちの生活とは支出自体が違うのでしょうが、それで生活をしていけるものかと思うほどなので、やはり不安は感じます。そこで思ったことが、実際に自分たちが年金を受け取る年齢になったころ、高齢者が一体どのくらいいるのだろうということです。

今でも高齢化、高齢化といってさわいでいるけれど、これから先、いったいどうなっていくのかなと想像すると、ある一定の世代の人数が極端に多く、若年層の人口があまりにもアンバランスに少ないという現実があります。

でもその若年層が少ないのはなぜか、と根本的な問題を考えると、不況が長く続いた時代に若年者の就職が少ない、派遣などの問題で生活基盤が脅かされていった背景があります。人口のアンバランスは、子供の将来を約束できないことを知っている世代が、結婚や出産を迷ってしまうことも原因か、と思うのです。

そうなれば当然働くひとは少なくなるし、高齢者が増えれば、年金の問題は当然ですが、健康でない長生きが増えればやはり医療費などの増加につながるのです。自分が考える老後なんて未知数すぎてわかりません。

でも身近なひとたちの老後を見て思うのは、健康でいるなら働けるうちは働いた方がいいのかな、と思うのです。時間を持て余してもすることがなければ、いろんな機能が低下する。でも経済的な問題があったら、趣味も持てないかもしれません。

でも実際そんな自分の老後など、漠然としていて思い浮かばないですし、時代的にも不透明で想像してもイメージができません。70歳まで働く姿自体が想像できませんが、健康ならばよいのにな、と考えることはできました。元気で働くためにはどうするか、を自分に問うことができた記事でした。